不動産担保ローンでリスク回避〜ローンで資産運用〜

現金

より良い条件にする

貯金箱

不動産担保ローンとは、手持ちの不動産を肩代わりに、融資を受けることを言います。メリットは、低金利で大金の借入が可能になることです。一方で、不動産担保ローンとして融資を受けるまでの時間が長いため、すぐに借入がしたい方には少々不便に感じるかもしれません。しかし、そのような欠点を消す程の良さがあるのも不動産担保ローンの強みになります。

魅力はなんといっても低金利。住宅ローンを組むとつい金利を気にしますが、不動産担保ローンはどこよりも低金利を実現しています。そのため、返済総額がよりお得になり、返済の負担が軽減されるのです。ただ、不動産担保ローンの良さはこれだけでは収まりません。不動産担保ローンは、大事なお客さんの持ち物を対象にすることで、返済期限をより長くすることに成功しています。最長は35年。完済する頃には70歳を超えているので、非常に余裕のある返済になります。ただ、この返済期限も相談によってはもっと伸びる可能性があります。先を見越して、無理の返済が出来れば、滞納という悲劇に見舞われることがなくなるでしょう。

多くの融資先に手を出し、まとまり感がない場合も不動産担保ローンを使うことで一本化を図ることができます。この良さも不動産担保ローンの強みで間違いないでしょう。毎月支払うべき返済額をよりお得にでき、尚且つ返済箇所の一本化とくれば、現在の不動産担保ローンのプラン内容を今一度見直す時かもしれません。サービス旺盛の会社は、お客さんの要望にお応えしそれに見合った内容を提案してくれます。